スタッフブログ

水無月のおわりに水無月を食す

季節を感じて、スタッフ & 日々のできごと、学び

こんにちは。

滋賀の木の家工務店平野住建です。

 

みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

ジメジメとした6月も、もう明日で終わりですね。

(これからは7月、暑さとの戦いになりますが…)

 

6月の終わりと言えば、「水無月」ご存知でしょうか?

「6月」の旧暦月名を「水無月」と言いますが、

京都で有名な和菓子の一つにも「水無月」というお菓子があります。

 

minaduki1.jpg

 

水無月は、白のういろうに小豆をのせ、三角形に包丁されたお菓子です。

 

古くから京都では6月30日、1年のちょうど折り返しにあたるこの日に

この半年の罪や穢れを祓い、

残り半年の無病息災を祈願する行事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われていました。

そのときに食べられていたのが、この「水無月」です。

 

その昔、6月1日(旧暦)に氷を口にすると夏バテしないと言われていたことから、

室町時代の宮中では氷の節句の行事として、

氷室から氷を取り寄せて暑気払いをしていました。

しかし、当時氷は庶民には手に入れることができない貴重なものだったため、

氷に似せて作ったお菓子を食べ、夏の暑さを乗り切ろうしたのです。

 

そのお菓子が水無月です。

水無月が三角形にカットされているのは、氷のかけらを表現していて、

上に乗っている小豆には悪魔祓いの意味合いがあるそうです。

 

現在では京都だけでなく全国的に広まっていますね。

一日早いですが、私たちも水無月を戴きました。

ういろうの部分は、和菓子屋さんによっては抹茶味や黒糖味など

色々な種類のものがあります^^

こちらは基本の白と抹茶のういろう。

 

minaduki3.jpg

 

ひんやり緑茶と上品な水無月の相性バッチリ、これで、この夏も元気に乗り切れます^^

 

みなさまも夏バテにお気をつけて、健やかにお過ごしください。

一覧に戻る

最新記事

テーマ

月別アーカイブ

PAGE TOP