HIRANO STYLE

日本の伝統的な住まいは
深い庇で夏の日差しを遮り
広い開口と縁側で風をとりこんで
エアコンがなくとも
生理的にも心理的にも
快適に過ごす工夫がされていました。

戦後の高度成長期に忘れ去られていた
日本の伝統的な住まいづくりの工夫は
パッシブシステムという形で現代に蘇り
住まいに自然や地域環境とのつながりを
取り戻し、そのエネルギー、日射、風、地熱、
の力を有効に利用されはじめています。

私たち平野住建では
パッシブという考え方を
「滋賀の家づくり」に取り入れ
間取りや機能だけではなく
建物との関係を考えた外構計画、さらに
植栽の種類や植える位置に至るまで
55項目の「平野スタイル」として提案して
います。